久しぶりに犬の無麻酔歯石取りに行ってきました。

過去ログを確認するかぎり、我が家では2019年から無麻酔による歯石取りをしていなかったらしいです。
そんなこともあり、実は昨年に1度高齢犬のみを自宅から車で10分足らずの場所にあるにあるサロンで無麻酔歯石取りを施術してもらいました。
当時は17歳でかなり高齢な部類に相当しますが、嫌がりながらもどうにか大きな歯石どころか小さく目立たない歯石までも綺麗サッパリ除去していただけました。

このサロンでは半年以内の再訪で料金が半額になるという嬉しいサービスがありましたので、
半年経たないうちにと高齢犬の歯石取りと口内のチェックに伺うことにしました。
ついでに若い方(といっても8歳)の犬も少し歯石が気になっていたのでサロンへお連れして一緒に歯石取りをお願いしました。

最近は2匹とも月1〜2回ほど、歯石取りとは別の美容サロンへシャンプーやカット、お預かりなどをお願いすることもあり、人とのふれあいをとても楽しいものだと感じてくれている様子で歯石取りのサロンでも同じようにスタッフさんとフレンドリーに接している様子で何の心配もなく2匹とも無事に歯石取りを終了。
着色汚れ(ステイン)だけはどうしても落とせないものの、それ以外はすべて健康で問題なし。
初回のみ12000円、半年以内の再訪で6000円。

地方暮らしの時にはペットショップのイベントでしかこのような事をお願いできる場がなかったのですが、今の自宅周辺には何かとペット向けのサービスが多いので、犬に合ったサービスを選べる自由があるのが良いなぁと感じています。
同様に、
動物病院も獣医師とペットとの相性や治療方針や診察方法など、飼い主が納得できなければ次の病院をどんどん探せる選択の自由があるのも良い部分だと常々感じます。
流れ作業であったり、必要な検査を後回しにしてやりたいことしかやってくれない獣医師などにも出会いましたが、きちんと丁寧に仕事をしてくださる獣医師先生と出会うことでペットたちにより質の高い生活を送らせてあげられるように思います。

また、既往症により2匹ともワクチンを打てなくなってしまったので、散歩もなるべく昆虫や寄生虫と縁がない場所を選ばないといけないのでホームセンターや百貨店(ペット可のフロアのみ)が主な場所に変わってしまったような感じでしょうか。

歯石取りをはじめとして、犬の個性に合ったサービスを選べる自由が簡単に手に入る事が当たり前ではないことであり、今ようやく手軽にどこにでも行きやすくなったことへの自由さを感じます。